iThink

元引き籠りスノーボーダー&エンジニアがiPhone, Mac, PC等ガジェット, ニュース、テクノロジーなど綴る個人情報ブログです。

2006/05/07(日) ケベックシティ2(ロウアータウン)

20060506_top.gif

昨日はアッパータウンを中心に攻めたので今日はロウアータウンを攻めました。9時くらいには宿をでたので、まだ開いているお店がすくないということで、まずは旧港周辺を散歩。

朝のケベックの町並み

20060507_01.jpg Quebecの町並み2

旧港&旧港市場(Vieux-Port & Marche du Vieux Port)

旧港市場

セント・ローレンス川とセント・チャールズ川が交差する一帯にある旧港。現在はヨットハーバーとしても利用されているらしい地元の人(ケベコワ)の散歩コース。その端(結構端)に有るマーケットも地元の人向けだが、お土産などを買ったりするにもお勧めの場所だった(ケベック州はメープルシロップが特産品)。

続きを読む

2006/05/06(土) ケベックシティ1(アッパータウン)

20060506_top.gif

さて昨日は深夜に宿に着いたこともあり、今日はゆっくりと10時過ぎまで睡眠をとった。スノーボード用品をもってカナダに来ていたのに、インナーやフリース、スウェットなどを滞在している家に忘れてきてやたら寒い感じがしていました。要はTシャツとロンTとジャケットしか持っていなかったのです・・・。(これが後々回るところが寒くていろいろ苦労しました)

ケベックシティ(ケベックシティという呼び方はないのですが、ケベック州と区別つけるためにこういう呼び方にしています)は旧市街、新市街と場所が別れており、主な観光地は旧市街のようでした。旧市街は四方城壁に囲まれており、城壁の中がアッパータウン。東にある城壁の下の町がロウアータウンとなっている。ケベックは2日間ゆっくり回る日程だったので、この日はアッパータウンを中心に回る事にした。

ウルスリンヌ教会(Chapelle des Ursulines)

20060506_01.jpg

1639年に建てられたウルスラ派修道院で、ケベックの女性教育のための教会(By 地球の歩き方 より引用) 。

ここは博物館と一緒になっており、古楽器、刺繍製品、暖房のない生活を記した手紙など、当時の生活が伺える展示のほか、聖堂、美術品などが見学出来るらしいのだが、博物館はお昼休みだったこともあり、後回しにしたら閉館時間となり結局行けずじまいでした。

ウルスリンヌ教会中

女性の修道院と言うこともあり、内部は白を基調としたきれいな教会でした。 中に居たおばあちゃんのシスター?(案内の人?)が色々と話しかけてくださったのだが、フランス語という言語の壁に阻まれ断念・・・。行っていること、書いていることがすべてわかればよいのにと言語の重要性を実感しました。

続きを読む

2006/05/05(金) 旅立ちの日

20060505_top.jpg

dmkスノーボードクラブウィスラーキャンプも無事終了し、キャンパーの見送りと旅立ちの日5/5を迎えた。

25日という長期の旅行は日本でもなかったし、海外と言うことで少し緊張・・・。これからの人生の中でもっとも貴重な体験の1つになると思いました。ちなみに下調べに使ったのは日本人御用達地球の歩き方&ネットです。荷物は55+10LほどのDeuterのバックパックにギリギリまで詰めこみました。

続きを読む

↑このページのトップヘ