さて前回、前々回と格安SIM移行への経緯を紹介させていただきましたが、キャリア変更という面倒な作業をしてメリットあるの?という点と、移行後のデメリットをあくまで個人的視点でかかせていただきます。

記事を読んでいただいた方でIIJMioに加入をしよう!と思われている方、是非下記紹介リンクよりお申し込みください。2ヶ月間通信容量が10%増量されます。
https://www.iijmio.jp/campaign/mgm/invite/?id=617478974820936&sns=0

本リンクですが、2017年12月末までは少なくても解約予定がないのでそのくらいまでは御使用になれると思います。
下記各種パッケージ購入後の申し込みでも使用可能です。

最初にメリットですが、

  1. 面倒な2年縛りからの開放
  2. 通信費の大幅カット
  3. データ通信専用Simはとにかく安い!

に尽きると思います。1は格安Simキャリアでも音声通話Simは大体1年程度の縛りがありますが、1年たって納得がいかなければ気軽にMNPできるメリットがあります。2,3はコストは本当に安くなります(詳しくは下記デメリット参照)。

そしてデメリット!・・・は私的には全くないといっていいほど満足していますが~。

一般的なデメリットは

  1. キャリアメールが使えなくなるのでガラケーへの文字連絡手段はSMSのみとなる(1通3円)
  2. 電話をよくかけるひとはカケホーダイがないので通話料が高くなる
  3. 端末購入サポートがなくなるので機種代が高くなる

といったところでしょうか?

1はSMSを使えばいいのかなーと思います。国内であれば100通送っても300円なのでまあ格安Simへ移行した金額で相殺してもぜんぜん安いです。又、ガラケーの方にもLineをつかかっていただくのも手です。音声通話はできないですがメッセージのやり取りはできます。

2は私は音声通話はほとんどしない=受け専用なので必要なし。妻と通話するときにはLine電話へ完全に変えました。又、IIJMioはみおダイアルというアプリを使うことで楽天でんわといった安い音声通話回線と同等の30秒10円で通話することができる&相手へは私の番号が通知されるのでなかなか使い勝手がよいです。

3ですが、月々わりより格安Simへ移行した際の節約できる価格が圧倒的に大きいのです。下記をご参照ください。

iPhone7 128GBで比較(税抜き)

ソフトバンク ホワイトプラン7gb

基本料金 + 本体代 - 月々割り x 24ヶ月
(6937 + 4750 - 2830) x 24 =8857 x 24 = 212,568円

IIJMio 5GB + Sim free iPhone7 128gb(24ヶ月分割金利0で計算)プラン

基本料金 + 本体代(90504 / 24) x 24ヶ月
(2220 + 3771) x 24 = 143,784円

差額

212,568 - 143,784 = 68784円となります。

逆に言えばこれくらいの割引オファーが得られれば変えなくてもキャリアのほうがいいということになります。AUで機種変更で21600円程度さらに月々500円のスマートバリューおよび下取りも優遇といったプランで差額が5000円程度だったという人もいますので、この辺はしっかり自分のプランを把握しつつお店に行くとよいです。

機種の下取りに関しましては、iPhoneの買い替え時期近くではSofmap等の中古買取業者などが大体キャリアの下取りより高いことが多いですが、キャリアによってそれよりお得な価格を定時されることがありますがそういった場合も双方の相場を調べてさらに2年縛られるか、縛りから開放されるかを検討されることをお勧めします。

ちなみに私のケース(2回線同一名義10GBシェアプラン)だと10GBのシェアプランで3960円という価格なので、24ヶ月の差額が149088円となるので2回線後契約の方は正直移行したほうが確実にお得になる気がします。