iThink

元引き籠りスノーボーダー&エンジニアがiPhone, Mac, PC等ガジェット, ニュース、テクノロジーなど綴る個人情報ブログです。

2015年03月

手が小さい私にとってiPhone6 Plusの大きさはちと厳しいと感じてきている昨今。

購入日にすでに落として凹ませた私にとって死活問題(apple純正革ケースでは守ってくれなかったスピーカー部が凹み、心が凹みました・・・)なのでどげんかせんといかんということでTOTTEなる把手を購入しました。

本革製もあるけどどうせボロボロになるので合皮(いまだとフェイクレザーとかPUレザーいうんですかね~?レザーじゃないし合成皮革でしょと消費者センターに言いたい)を買いました。

IMG 4674

裏面は両面テープで、これをケースに直貼りします。

続きを読む

最近ストレス少ない生活をおくっているせいなのか、食事、間食が美味しく生涯最重量体重を更新しています。

これではイカン!とおもい壊れていた体重計を更新しました。

購入したモデルはタニタのTanita インナースキャンデュアル RD-900という機種です。

購入の決め手はスマホ(我が家はiPhone)との連動ありきと測りとしての正確性で検討しました。

接続方法は主に3種類、Wifi(無線LAN)、Bluetooth、そしてNUCですが、iPhoneなのでWifi、Bluetoothの2択です。

そして迷ったのがメーカー オムロンかタニタか?だったのですが、デザイン、価格的にタニタのRD-900を選択。ちなみにこれAndroid端末とはペアリングできないiPhone専用機とのことです。

InnerScan Dual RD-900・RD-901 Bluetooth対応iPhone連携体組成計 インナースキャンデュアル

医療分野や研究施設で使われるプロフェッショナル体組成計の技術を取り入れ、2つの周波数で体組成を測定することでより正確な測定が可能なモデルとのこと。

上位機種のRD-901と主な違いは最小の計量単位100g単位か50g単位ということと、基礎代謝量、体内年齢、体水分率が表示されるか?の違い。

基礎代謝量、体内年齢、体水分率に関してはRD-900本体に表示されないけど、スマホアプリで表示されるとのことなので全く問題なし!ということで3000円ほど安いRD-900にしました。

RD-900

RD-901

ここまでくると残りはカラーだけです。ユニコーンガンダムにするか、バンシィにするかですが、結局バンシィカラー(黒ともいう)にしました(ユニコーンガンダムのページ参照)。

前振り長くなりましたが、開封の儀です。

続きを読む

OS X 10.10.3 ベータ版がリリースされたのでインストールした所、iPhotoの後継アプリであるPhotos(日本名、『写真』・・・)もインストールされました。

生まれ変わった『写真』・・・

スクリーンショット 2015 03 03 18 50 16

iCloudフォトライブラリはとりあえず今は使用しないにしました。

スクリーンショット 2015 03 03 18 50 20

『写真』・・・です

スクリーンショット 2015 03 03 18 50 54

手間取ったのがiPhotoライブラリの移行が自動でされなかったことです。

スクリーンショット 2015 03 03 18 50 38

私のライブラリは192GBと結構大きいのでOSを起動しているSSDとは別のSSHD(SSDとHDDのハイブリッドドライブ)で運用しているかも知れませんが、ぐぐってもなかなか出てこない・・・iPhotoライブラリを写真にドラッグ&ドロップしてもだめでした。

でようやくたどり着いた解が、

続きを読む

↑このページのトップヘ