iThink

元引き籠りスノーボーダー&エンジニアがiPhone, Mac, PC等ガジェット, ニュース、テクノロジーなど綴る個人情報ブログです。

カテゴリ: 雪&海

祝!!平野歩夢さん、平岡卓さんメダル獲得!

私は15年以上スノーボードをやっており、
ほんのすこしだけスノーボード業界に関わっていたことがあります。

今回のメダリストたちを支えたスノーボーダーの一人に國母さんがいます。

國母和宏さんの真実の言葉 「腰パン」騒動を超え、ソチのメダリスト平野・平岡支えたスノーボーダー

皆様はどうおもいますか?

腰パン、態度悪い、結果出せなかった。
いろいろあると思います。

続きを読む

Nikeが発表したランニングシューズ『フライニット レイサー』がサイズ9でわずか160gと従来の再軽量モデル220gよりも16%も軽量化されたようです。

20120330_Nike01.jpg20120330_Nike02.jpg

NIKE JAPAN : Press Release

技術の要となるのはフライニットという名前からも想像できるようにアッパーをわずか1本の糸で構成されたニット構造とすること、アッパー、ソールをわずか2個のパーツに成功したからだそうです。ちなみに人気モデルの『エアペガサス』は37のパーツで構成されているそうです。

続きを読む

Amazonでカーメイト社製の取り付けが簡単なタイヤチェーン(国内売れ行きNo1)が安売りしてます。実際この冬にこのチェーンを使用しましたが、多少力がいりますが、取り付けは超簡単です!

201002132257.jpg

割引率は20%~65%オフで、旧製品のカーメイト バイアスロン SuperQuick55が特に割引率が高いです。

現行製品のカーメイト バイアスロンアスリートも安売り中です。

201002132246.jpg

201002132309.jpg

201002132310.jpg

201002132247.jpg

続きを読む

私も含め裏山に上がるスキーヤー・スノーボーダーに常に付きまとうのは雪崩です。

雪崩に巻き込まれた時に生存率と言うのは諸説ありますが、WikiPidiaによると下記のようです。
イタリアで行われた、雪崩に埋まった422人のスキーヤーについての調査[1]によれば、次の通りである:
  • 生存率は埋まってから15分以内で92%まで低下し、埋まってから35分後には30%にまで低下する(死因が窒息の場合)。
  • 2時間後には生存率はほぼ0%となる(死因が外傷あるいは低体温症の場合)
(歴史的には、生存率は15分以内で85%、30分で50%、1時間で20%と見積もられていた)。

以下リンク先の映像はヘルメットにカメラをつけたエクストリーマーが雪崩に巻き込まれ、生き埋めになり、助け出された奇跡の映像です。

最近ではBlackDiamond社より、雪崩に巻き込まれた時に加えて呼吸を確保するAvaLang(アバラング)というのもが売っており、この被害者も Avalangを持っていたそうなのですが、吸気チューブをうまく口に入れることができなかったとのこと。更には一応口の角にはとどまっていたのですが、 いざ吸おうとすると雪が口の中に入ってきて、口の中で凍ってしまったそうです。

裏山経験者には非常に息が詰まる映像ですのでご注意ください。

BlackDiamond社Avalangを楽天で購入する。
  アバラングIIは胸に内蔵されたフィルターを通して雪の中の空気を取り入れ、埋没時の呼吸を確保するアバランチギアです。 ビーコンと組み合わせることによ り、発見されるまでの生存確率を飛躍的に向上させることができます。 内蔵フィルターは雪の圧力でもつぶれない硬い素材で作られ、吸気と呼気は弁によって 分けられ、吐いた息は背中側へ排出されるため、口の周りが凍りつくアイスマスキングや二酸化炭素濃度の増加を防ぎます。 アバラングIIはビーコン、プ ローブ、ショベルとともにバックカントリーツアーに欠かせない装備といえます。

・雪の中での呼吸を確保
・フィット感に優れたハーネスタイプ ・265g(S/M)の軽量設計
※呼吸ができない圧力で埋まった場合や、外傷により呼吸停止に陥った場合など、雪崩の質と規模によってはアバラングが機能しない場合があります。

初滑りいってきました!

久しぶりの越後湯沢エリアは連日雪で、当然いく先はかぐら!
夫婦そろって初滑りのパウダーをいただきまくりました。

ちなみに板はセットバックはいったインテリではなく、セットバックなしセンター乗りのジェレミージョーンズ!
それでもたのしめましたよー。初滑りなのに後ろ足に乗りまくりでした。

Twitterで和田小屋なぅはできませんでした・・・。
だって田代エントリーでパウダーいただいていたので、かぐらいかなかったもの 笑

二日目は十年ぶりくらいに岩原へいってきました。
なぜ岩原かというと、母@スキーの初滑りにつきあうためで泊まっているところから近い。

これまた雪降りまくっていたので、上の方は重いけどまあパウダーかなといった感じで調子良かったです。
母は母で3年前にWhistlerで滑ったせいか、スピードレンジがあがっていていい感じでした!

↑このページのトップヘ