iThink

元引き籠りスノーボーダー&エンジニアがiPhone, Mac, PC等ガジェット, ニュース、テクノロジーなど綴る個人情報ブログです。

カテゴリ:

最近、清澄白河駅周辺エリアがコーヒー好きには苦い!!、いや熱い町になっています。

サードウェーブコーヒー(第3の波)というコーヒーブームがここ数年アメリカ西海岸よりやってきていますがその筆頭ともいえる『ブルーボトルコーヒー』の第一店舗目が清澄白河(東京都江東区平野1丁目4-8)に今年中にオープンするそうです!

話題沸騰の「ブルーボトルコーヒー」 日本進出の地になぜ“清澄白河”を選んだのか?
http://sirabee.com/2014/07/19/1165/
アメリカが来る ブルーボトルコーヒー 日本に進出
http://matome.naver.jp/odai/2140162076980206101


サードだけではなく、セカンドでもニュージーランドから新しい波がすでに清澄白川には来ています。オールプレスエスプレッソ allpress espressはニュージーランド発祥でオーストラリアにも進出しているエスプレッソチェーン。オーストラリアといえばスターバックスが撤退するほどのエスプレッソ激戦区で、そこで生き残っているだけでも実力のすごさが伺えます。
続きを読む

エナジードリンクの味はRed Bullが好きな管理人ですが、本当にエナジーが欲しい時はそれなりの栄養ドリンクを飲んでいる私ですが、カルピスソーダ味のエナジードリンクが発売されたということで気になっています。

2134692163867440503

その名も『カルピスソーダエナジー』。そのまんまですね。

続きを読む

最新医学常識99』の著者である池谷医師の記事が週刊現代に掲載されています。

風邪の時には抗生物質を飲む。高血圧の人は塩分を控える---それ、違います!間違いだらけの「家庭の医学」2012年版  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

下記は健康に関心のある方にはすでに常識と考えている人は多いのではないでしょうか?

  • コラーゲンを飲むとお肌がプルプルになる
  • 牛乳を飲むと骨が丈夫になる

コラーゲンなどは体内に吸収されたあとアミノ酸に分解されるので再度コラーゲンとして合成されるかは体次第なのでそれであればアミノ酸、プロテインなどを取ればよいでしょう。

牛乳に関しては特に日本人の腸には合っていないというのは『病気にならない生き方』という本にも載っています。ちなみにこの本の著者は世界で初めて大腸内視鏡を使用した日本人の新谷弘実です。現役トップクラスの先生が牛乳は腸に悪いと本に書いたので牛乳業界が騒然としました。 マクロビオティックでも牛乳、マーガリンなどは避けるようにとされてます。

最近は体を暖め過ぎも良くないという説もあります(50歳を超えても30代に見える生き方)ので過去の常識にとらわれず、健康で楽しい毎日を過ごしたいですね!

知人から、北海道みやげに『札幌おかきOH!焼とうきび』をいただきました。

とうもろこしの香ばしさがよく出ていて開けてしまったら最後なくなるまでとまらない美味しさです!

北海道みやげで私が好きなモノはロイズの生チョコ!定番の味『オーレ』がコストパフォーマンス、味とともに最高ですが、2月のバレンタイン時期に限定発売されるグランマルニエが最高に好きです。

続きを読む

追記

すでにレビューから消されてしまったようなのでTumblrにリブログいたしました。原文を読みたい方は下記をどうぞ

Tumblr(katoiek)

AmazonのRock Star(エナジードリンク)の624 人中、554人が参考になったというレビューがかなり良いです!

一部抜粋

人生って意外と平坦だし、あんまり刺激を受けることって少ない。子供時分は毎日が刺激の連続だったけどな。 レッドブルを初めて飲んだとき(というか連続で2本目を飲んだときかな)は結構ぶっ飛んだ。 そこらの栄養ドリンクやら眠気覚ましがまったく効かない、常時眠ってるような、 目が半開きのうすらボケた俺があんだけハイになったというんだから。 それ以来俺はレッドブルの虜だった。だからといって暴飲はしなかった。本当に必要なときにだけ飲む。 それが俺のレッドブル流儀だった。だってそうだろ?  飲みまくって糖尿病になったり心臓麻痺にでもなったら永遠にレッドブルとはおさらばだからな。 いやいや、大丈夫。これは「ロックスター」のレビューだって分かってるぜ。

レビューなのに短編小説のようです!

<blockquote><a href="http://www.tumblr.com/blog/katoiek" target="_blank">Tumblr</a></blockquote>

続きを読む

↑このページのトップヘ