iThink

元引き籠りスノーボーダー&エンジニアがiPhone, Mac, PC等ガジェット, ニュース、テクノロジーなど綴る個人情報ブログです。

カテゴリ: 政治経済

震災後に自粛ムードが漂っていますが、お金が無いと復興もできないのです。

ソフトバンク社長 孫正義氏が個人として100億円と将来報酬の寄付をUstream『田原 総一朗×孫 正義 対談 ~東日本大震災について』にて発表いたしました。

20110404masasondonation.jpg

金額がどうとかではなく、孫社長を見習って経済活動をしっかりやって、出来る限りの支援をしようと思います。

寄付したと発言しないのが美徳ということなかわかりませんが、政治家の方々や、経済界のえらい方々の個人の義援金の話が出てこない事。でもって日本赤十字に集まった義援金を政府が配るとか言っている始末・・・。

asahi.com(朝日新聞社):日赤義援金の配分基準、国が策定へ 片山総務相が言及 - 政治

政治主導出来ず骨抜きな政策、最大の借金予算を通した方々に我々の義援金を預けるのは暴挙以外の何者でもありません。

どさくさに紛れて行う全国統一知事選挙。私は東京在住なのですが高齢の現職知事には前回同様投票しません。彼は我々の税金を数百億浪費し自らの指示で作った銀行の尻拭いや、オリンピック誘致で使ったお金を考えて見れば、今回の震災時にいくら寄付できたのでしょうか?

立候補理由として他に任せられる人がいないからとか発言されれいましたが、日本人男子の平均寿命は79.59なのでそのへんのリスクも考えると知事の任は2期まででせめて65歳までとかにして若い人達に席を譲って頂きたいです。

図録▽主要先進国の平均寿命の推移

こういう次期ですからしっかりと判断して投票に行きましょう。

切り餅で有名なサトウ食品工業が、TVCM抑制(3分の1)などのコストカットで営業利益が3倍になったとのこと。

商品を知ってもらうということではTVCMの効果はまだまだ絶大。しかし費用対効果がインターネット広告に比べるとはっきりしないのではないでしょうか?

TVといえば携帯キャリアに比べて格安ともいわれる電波料しか納めていない。まさに殿様商売でしたが、TV局の売り上げも減少しているそうなので、今後はCM枠を提供してあげているといった立場から、コストはこれくらいでこれくらいの効果がありますといったデータが重要になってくるのではないでしょうか?

最近では一方通行メディアのTVより双方向なインターネットや、SNS(mixi, Twitterなど)の口コミ効果も大きくなっているように思えます。フォローワーが50万人を超えるような堀江隆文氏などにとりあえげもらうだけで50万人もの人が見るわけです。視聴率というあいまいな数字よりよっぽと現実的です。

参議院選挙が終わってねじれ国会が確定となりました。

よくも悪くも、票に力がある世代はTVで情報を手に入れるのが主ではないでしょうか?

私は情報収集は主に、Net(核種ブログ、Twitter、ニュースサイトなど)です。

最近ではUstreamの対談などもかなり興味深いものが増えてきています。TV(民法)はNGの人が発言する場としては今まではケーブルテレビなどのだけだったのが、Twitter、Ustreamを通して発言される場が増えてきています。

下記田原総一朗さん、池田信夫さんの対談『メディアと政治』です。参院選の次の日に放映されたのもです。

参院選とメディアだけでなく、日本経済に対しても本音で語り合ってます。

最近はハマコーさん(@555hamako)などもTwitterを賑わしておりますが、誰か民主党、自民党議員のTwitterアカウントをリスト化していないかなーと探していたところ、The JOURNALにしっかりありました。

ちなみに私のtwitterは@katoiekです。
ブログ更新情報他適当につぶやいています。


当ブログでも何度か紹介しているThe JOURNALの特別企画:『この国の正体』シリーズは再掲載記事で多少古いですが(しかも長文です)、一件の価値があったので備忘録としてまとめます。

個人的には小沢一郎氏は『不起訴』つまり検察が疑っていた件の証拠がみつからなかったのです。それに対してお金まわりがあやしいから=グレー 基い黒という報道は明らかに異常さを感じます。またそれに対して選挙に勝てなくなるから小沢氏をやめるべきだと発言している民主党の方々は民主主義を放棄する発言に聞こえます。
続きを読む

↑このページのトップヘ